*

ハングルの基本母音の覚え方

日本語の母音が「あ、い、う、え、お」と5個なのに対して
韓国語は母音が基本母音と複合母音に分かれます。
そして基本母音は10個、複合母音が11個です。

日本語より種類も数も多く、
数だけ見たらちゃんと覚えることができるか心配になるかもしれません。
何か覚えるコツはあるのでしょうか。
ここでは基本母音の覚え方について見てみましょう。

-sponsored link-

-sponsored link-

基本母音の種類

基本母音10個とは何でしょうか。
(ア),(ヤ),(オ),(ヨ),(オ),
(ヨ),(ウ),(ユ),(ウ),(イ)」です。

ここまで見て気がつくのは、「丸」が多いということと
「オ」「ヨ」「ウ」が2つあることだと思います。

「丸」のように見えるのは「ㅇ(イウン)」という子音で
母音や複合母音と一緒に使ったり、パッチムとして出てきます。

そして「オ」「ヨ」「ウ」が2つあるのは、
韓国語には音の区別があるのに、その音の区別は日本語にはないので
同じカタカナで表すことになるからです。

動画を観る際のポイント

下でご紹介する動画で、基本母音を覚える歌が出てきますが、
その際に、特に「オ」「ヨ」「ウ」の発音に気をつけて観て下さい

これらの音をもう少し分類してみます。
A「오(オ)」 B「어(オ)」
A「요(ヨ)」 B「여(ヨ)」
A「우(ウ)」 C「으(ウ)」

Aの「오(オ)」「요(ヨ)」「우(ウ)」は、
口をおちょぼ口にして発音するもので
これはあまり日本人には難しくありません。

しかし、Bの「어(オ)」「여(ヨ)」は
日本語にはない音なので少々大変かもしれません。
言葉で説明すると「口を縦に大きめに開いて、オ、ヨ、と発音します。」

「口を縦に開く」とはどのように開けばいいのか想像できない場合は、
ムンクという画家の「叫び」という絵画のを思い出してみてください。
あの絵画の中の人物の口の形が縦に開かれています。

最後にCが1つだけあります。
この「으(ウ)」も日本語にはないのですが
口は嫌な人に「イ〜だ!」とする時のように口を横に開きます。
しかし出す音は「イ」ではなく「ウ」となります。

基本母音を歌で覚える

では全体的に基本母音はどのように覚えたらいいのでしょうか。

1つ1つ「아(ア),야(ヤ),어(オ),여(ヨ),,,」と覚えてもいいし
歌を活用する方法もあります。

これは韓国のEBS(日本でいうNHKのような放送局)の
「한글이 야호(ハングリ ヤホー)/ハングル ヤッホー」という番組で
韓国人の子供用に作られています。

歌のノリもいいので聞いていると
自然と基本母音10個が覚えられます。

動画を見る時のポイントは歌ってる時の口の形を見ることです。

外国人用ではないので強調して作られないため
自然な口の開き方になっています。

耳で音を覚え、目で文字と口の開き方を覚える。
動画を150%活用しましょう!


(動画は、1:40~2:49までが最も役に立つ部分です。)

苦手な韓国語を楽しみながらをマスターする裏ワザ

韓国の俳優ソン・スンホンが大好きな当サイトの管理人、ミカが楽しみながら韓国語を話せるようになった方法を全てお話します。

韓国語を勉強し始めた当初は悪戦苦闘してましたがちょっとしたコツを掴んだだけでスーッと面白いように頭の中に入るようになりました。

今では一人で韓国にフラッと旅行に行って楽しんでいます。

無料でお伝えしてますのでぜひ試してみてください。
⇒楽しみながら韓国語をマスターする裏技

こちらは無料ではありませんが、私もお世話になった有名な講義教材です。

⇒独学に特化した講義教材

      2017/02/24

 - ハングル文字, 超初心者用記事