*

韓国語単語の覚え方3つ

ハングル文字は覚えて読めるようになると嬉しいですが、
次にぶつかる壁は「読める!でもどう言う意味?」ではないでしょうか。

今回は、日本人向けの韓国語単語の覚え方をまとめました。

-sponsored link-

-sponsored link-

①漢字語から覚える

韓国語は日本語と同じように名詞、動詞、副詞、助詞などがあります。
韓国語単語を増やすには、ズバリ漢字語から始めるのが早いです。
次の例を見てみましょう。

単語 意味 読み方
フェサウォン
하다 する ヤクソッハダ
하다 する ムシハダ

①〜③のうち、①を漢字で書くと
「회(フェ)」は「会」、
「사(サ)」は「社」、
「원(ウォン)」は「員」で全て漢字で書くことができます。

②は「약(ヤク)」は「約」、
「속(ソッ)」は「束」、
「하다」は漢字語ではありません。

③は「무(ム)」は「無」、
「시(シ)」は「視」、
「하다」は②と同様漢字語ではありません。

次に意味ですが①は
日本語と同じ「会社で働いている人」という意味です。

②も日本語と同じ「約束する」とだいたい同じように使えます。
しかし③は、日本語の「無視する」と似てるのですが
「バカにする」という意味合いが強いので日本語と少し使い方が異なります。

漢字を中心に覚えるメリット

さらに漢字語から始める利点は、
日本語の場合「会」は「カイ」の他にも
「会う」「会釈」など音読みや訓読みがあり
1つの漢字語の読み方が1つ以上あることがよくあります。

しかし韓国語の漢字語は1つの漢字には
原則的に1つの読み方しかありません

そのため③のように日本語と使い方や意味合いが違うものに
注意して覚えていけば語彙が増えること間違いなしです。

このように、漢字を中心として覚えていくと、
日本語で漢字を組み合わせて新たな単語を作り、
それをハングル文字に変換することで
見知らぬ単語を作ったり意味を類推することができ、
めちゃくちゃ応用がきくのです。

漢字中心の唯一の単語帳

実は、この漢字語で覚えることを主眼とした
最強の韓国語の単語帳があります。
漢字語がかかれた単語帳はこれしかありません

詳細なレビュー・使い方は別記事で書きますので、
こちらではタイトルのご紹介だけしておきます。

②韓国語の歌詞で覚える

これは、音自体から覚える方法です。

詩の場合は、メロディと一緒に耳に入るので
自然と口付覚めるくらいに覚えることができるので
初心者の方など、慣れてない場合はオススメです。

例えば、好きな韓国ドラマの主題歌を、
そのまま丸暗記してしまい、
後からこの音はこの単語意味は~と覚えていきます。

③日本語の発音に似た単語から覚える

韓国語の単語を、日本語の単語に結び付けて覚えます。

韓国語の単語には、日本語と発音が非常によく似たものがよく見られます。
それを利用して、普段の日本語でも聞き慣れている単語から
覚えるようにすると入りやすいです。

上記の覚え方の工夫を考慮にいれて、
自分なりにさらに工夫して覚えていくとよいでしょう。
ただし、どれも毎日毎日の積み重ねが必要となりますね。

苦手な韓国語を楽しみながらをマスターする裏ワザ

韓国の俳優ソン・スンホンが大好きな当サイトの管理人、ミカが楽しみながら韓国語を話せるようになった方法を全てお話します。

韓国語を勉強し始めた当初は悪戦苦闘してましたがちょっとしたコツを掴んだだけでスーッと面白いように頭の中に入るようになりました。

今では一人で韓国にフラッと旅行に行って楽しんでいます。

無料でお伝えしてますのでぜひ試してみてください。
⇒楽しみながら韓国語をマスターする裏技

こちらは無料ではありませんが、私もお世話になった有名な講義教材です。

⇒独学に特化した講義教材

      2017/01/27

 - 韓国語を勉強する, 韓国語勉強法