*

韓国語の読み方の注意点

 

韓国語の文字はハングル文字と呼ばれ、
初心者や見慣れていない人にとってはゴチャゴチャしていて、
何が何だか分からないような文字に見えると思います。

しかし、基本的にはちゃんと規則があり、合理的な文字なんです。

子音と母音は日本語より多いですが、まずは少しづつ読み方の基礎を身につけましょう。

-sponsored link-

-sponsored link-

ハングルの読み方の暗記法

ハングル文字の読み方を覚えるためには、一番わかりやすい方法が、ハングル文字とカタカナの読み方を比較した一覧表を覚えるということです。

けれども、日本語のカタカナでハングル文字の読み方を表すには限度があります。
その理由は、日本語にはない発音が韓国語の場合、多数あるためです。

例えば「日本」という意味の単語を韓国語の発音でカタカナ表記すると
「イルボン」と書なります。

ところが、実際の発音では「ル」はほとんど発音されません。
もっと正確に言うと、「ル」を発音した瞬間に次の発音を行います。

また、次の発音で何を発音するかで、全体の単語の聞こえ方も違ってきます。
この部分が、韓国語の読み方の最大の特徴になります。

逆に考えてみれば、これらを一度身に着けてしてしまえば、あとは簡単に覚えられるでしょう。

苦手な韓国語を楽しみながらをマスターする裏ワザ

韓国の俳優ソン・スンホンが大好きな当サイトの管理人、ミカが楽しみながら韓国語を話せるようになった方法を全てお話します。

韓国語を勉強し始めた当初は悪戦苦闘してましたがちょっとしたコツを掴んだだけでスーッと面白いように頭の中に入るようになりました。

今では一人で韓国にフラッと旅行に行って楽しんでいます。

無料でお伝えしてますのでぜひ試してみてください。
⇒楽しみながら韓国語をマスターする裏技

こちらは無料ではありませんが、私もお世話になった有名な講義教材です。

⇒独学に特化した講義教材

      2016/06/20

 - ハングル文字