*

ハングル早覚え一覧表

ハングル文字一覧表1 ハングル文字一覧表2
どなたが作成して下さった、
とても良いハングル文字早覚え一覧表を見つけました。

-sponsored link-

-sponsored link-

この表の他にはないメリット

この種の表は、大抵のテキスト、ビデオ教材やまともな語学学校等
にはついてくる、韓国語学習者必携のものです。
特に、韓国語初心者の方には、必須です。
100人中100人に必要です。例外はないです。

この表の特に優れているところは、
「k」「a」等の母音、子音が書かれているので、
ハングル文字の発音が一見してわかるようになる点です。

この表をみて頂くとわかる通り、
韓国語の文字であるハングル文字は、
初心者の方にはわけわからない象形文字のようにみえるかもしれませんが、
よくよくみると一定の記号が意味をもっているとわかります。

いわば、一つ一つの部位が
漢字における「部首」「部位」
同じような働きをしていることがわかります。

この表の使い方

この表は、韓国語初心者の方だけでなく、
勉強中級者の方にも、常に手元に置いておいて
欲しい表です。

使い方は、もちろんこの表をゴリゴリ
覚えていってしまってもよいですが、
初心者の状態でそれをやると
韓国語の勉強がつまらなく感じて、
途中で挫折してしまう可能性が高くなります。

この表は、例文等を見るとき、
この文字はどう読むのか、
この文字はどの部位からなっているのか、
その部位はどういう意味なのか
を逐一確認するために使います。

最初の、まさに韓国語を勉強し始めたときは、
毎回毎回、全文字についてそれをやらなきゃいけないので
うっとうしく感じることもあるかと思います。

しかし、あたる例文を増やすにつれ、
同じ文字・部位を何回も何回も見ることになるので
自然に覚えていってしまいます。

そうすると、いつの間にか
この表を確認する回数が減っていくという
現象が起きます。

しかも、嬉しいことに、
この種の記憶は、手続記憶と呼ばれるもので、
記憶の中でも原始的なものです。

すなわち、エピソード記憶とは違い、
車の運転の仕方のように、
体に染みつくタイプの記憶なので
(例えば、アルファベット、ひらがなの読み方ように)
一度覚えてしまえば、大変忘れづらい記憶となります。

ある程度この表がなくても大丈夫になった段階が、
韓国語勉強中級者の目安と言ってもいいでしょう。

画像出典:http://asukadjj.fc2web.com/koreanconversetion.html

苦手な韓国語を楽しみながらをマスターする裏ワザ

韓国の俳優ソン・スンホンが大好きな当サイトの管理人、ミカが楽しみながら韓国語を話せるようになった方法を全てお話します。

韓国語を勉強し始めた当初は悪戦苦闘してましたがちょっとしたコツを掴んだだけでスーッと面白いように頭の中に入るようになりました。

今では一人で韓国にフラッと旅行に行って楽しんでいます。

無料でお伝えしてますのでぜひ試してみてください。
⇒楽しみながら韓国語をマスターする裏技

こちらは無料ではありませんが、私もお世話になった有名な講義教材です。

⇒独学に特化した講義教材

      2017/02/24

 - ハングル文字, 超初心者用記事